女子プロのように安定したフォロースルーを獲得する方法

女子プロ → 安定したフォロースルー

自分     → ・左足めくれ上がる ・フォローの後1歩踏んでしまう ・伸び上がる

違いと対処方法の解説をしたいと思います。

何が違うのか

まずインパクトからフォロースルーにかけて1番大事なのが可動域です!

実際にどこの可動域が必要なのでしょうか?

フォロー

右打ちの場合、左股関節の内旋可動域が必要です。

ここの可動域が不足していると左足がめくれ上がったり、伸び上がったりします。

それではここの可動域を制限している因子はなんでしょう?

股関節内旋制限因子

答えはシンプルで内旋を制限しているのは反対の作用を持つ、外旋筋です。

深層外旋六筋

深層外旋六筋のストレッチをご紹介します。

深層外旋六筋のストレッチ方法

外旋筋ストレッチ

ストレッチは約1分程度を毎日実施できると効果的です。

まとめ

○女子プロのような安定したフォロースルーを獲得するためには股関節内旋可動域が必要

○股関節の内旋可動域の制限因子は深層外旋筋である場合が多い

○深層外旋筋の柔軟性を獲得することで安定したフォロースルーが獲得できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました